不眠症解消と入浴

入浴は血行促進だけでなく交感神経のバランスを快眠に向け睡眠に適した状態にしてくれます。

このバランスが睡眠に適した状態になることで、心身ともにリラックスできて入眠しやすくなるわけです。

そこで入眠しやすくなる環境作りで不眠症解消に役立つ入浴法をお教えします。

不眠症解消に役立つ入浴法

入浴のタイミングは就寝2時間ほど前を基本とし、37〜39度程度の温めのお湯に最低でも20分以上かけてゆっくりつかるのがオススメです。その際リラックスできるよう防水ラジオなどをお供にするのもいいですね。

そこで不眠症解消に役立つ入浴法のポイントは以下になります。

シャワーの水圧は強めに!
シャワーには交感神経のバランスを保持する効果があるため、水圧を強めにしたシャワーを時間を掛けて浴びましょう。頭上から水圧を強めにしたシャワーをかけるだけでも有効です。
入浴中または入浴後にストレッチやマッサージをする
血行促進こそが不眠症対策のポイントなので入浴中や入浴後の約15分程、体を芯から温める足つぼマッサージがオススメです。

不眠症に効果的なもの

不眠症の予防や解消に効果があるものとして入浴やストレッチなどが挙げられます。

というのも体を温める、血行促進する、ということは体をリラックスさせてくれることで休息に向かわせることができるのです。これ不眠症の予防や解消に効果があるとされています。

そのため体を芯から温めてくれる足つぼを入浴後15分程やるクセを付けてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク